チップの基礎知識|海外旅行に行く

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > チップの基礎知識

チップの基礎知識

日本にはチップの習慣がないので、海外旅行中に一番とまどってしまうのがチップかもしれません。

チップは日本では、「サービスに対するささやかな心づけ」と解釈されていることが多いです。
支払う側から見ればそれは間違ってはいませんが、チップが当たり前な国では、チップは労働報酬の一部とみなされ、給与システムに組み込まれています。
つまり、給与の一部をそのサービスを受ける側(つまり客)が直接支払うというシステムなのです。
ですから、サービスを受けてチップを支払うとういう行為は、社会的な義務という一面があります。

チップが必要な国
アメリカ カナダ イギリス フランス イタリア ドイツ オーストリア エジプト 香港 中南米諸国
チップが不要な国
オーストラリア ニュージーランド 韓国 中国 シンガポール 東欧諸国
※東南アジアでは、外国人向けの高級ホテル・レストランではチップを支払う。

ホテル内のチップの渡し方
チップを支払う場面は、主にホテル内とレストランやタクシー利用時です。
ホテルではドアマン、部屋まで荷物を運ぶポーター、部屋を整えてくれるルームメイドルームサービスを頼んだときなどに支払います。
支払うタイミングは仕事を終えて部屋から出て行く前、渡す金額はドアマン、ベルボーイ、ルームサービスには1ドルくらいでいいと思います。
ルームメイドは基本的に客が不在のときに仕事をするので、直接渡すことができません。
ですから、部屋を出る前にベッドサイドのテーブルの上に「Thank you for your good service」などと書いたメモと一緒にチップを置いておきます。これをピローチップ(枕銭)と言います。
ピローチップの額は最低1ドル程度からですが、三ツ星クラスのホテルでは1〜2ドル、四つ星クラスは2〜3ドル、五つ星クラスならば3〜5ドルくらいが適当でしょう。
尚、団体旅行の場合は、添乗員が必要時にチップをまとめて支払うので、基本的に自分で渡す必要はありません。
ただし、ルームサービスなどを個別に利用した場合は、チップを渡しましょう。

レストランでのチップの渡し方
レストランでは、食事が終わったらスタッフに「Check Please」と言い、勘定書を持ってきてもらいます。
チップの相場は料金の10〜15%が一般的です。つまり3,000円の食事をしたら、300〜500円程度。
レストランでチップを個別に支払うのは、勘定書にサービス料が含まれていない場合だけです。
サービス料が含まれている場合はチップを支払う必要がないので、よく勘定書を確認しましょう。
現金で支払う場合は、チップ相当額を計算して(レストランには電卓を持参する)、支払いに使ったトレイの上に置いておきます。
クレジットカード支払う場合は、「Charge」の欄に金額を書き込むか、「For Service ○%」と記入してサインをします。無記入の場合、お店側で勝手に金額を記入してしまうことありますので、必ず忘れずに自分で記入するよう注意しましょう。
ソムリエにサービスを受けた場合にはワインの料金の10%程度をチップとして支払います。

タクシーを利用したときのチップの渡し方
タクシーを利用したときは、目的地に到着し車から降りるときに、乗車料金とチップを一緒にドライバーに渡します。金額は乗車料金の10〜15%が目安です。荷物をたくさん運んでもらったときなどは、多めに渡すとよいでしょう。

チップのスマートな渡し方
チップをスマートに支払うのに重要な要素がタイミング渡し方です。
ポイントは、いつでもさっと出せるようにポケットなどにチップ用の紙幣をしのばせておくこと。
1ドル札を5枚程度と5ドルを1〜2枚ほどポケットに入れるか、マネークリップなどに留めておきます。
チップ用の紙幣は財布には入れて置かないで、すぐに取り出せるようにしておきます。
女性の場合は、洋服にポケットが無いことが多いので、ハンドバックを開けてすぐに取り出せるように、チップ用の紙幣を折りたたんでしのばせておくと良いでしょう。
海外では基本的にやたらと人前で財布を見せてはいけません。わざわざ財布から取り出すのは20ドル札以上の高額紙幣を出すような場合です。
チップを渡す時は、相手の目を見ながら4つ折りくらいに折ったお札をすっと渡しましょう。そのときに「Thank you」と一言添えるのを忘れずに。

【PR】チップを渡すときはさりげなくカッコよく
マネークリップ.com は、日本初の高級マネークリップ専門のネットショップです。
商品は全品手作り・オリジナルで、素材はシルバー950を利用しています。クールなデザインのものばかりで、こんなマネークリップを使っていたらすごくカッコイイ!
価格帯は15,800円〜36,600円。男性向けのプレゼントにも最適です。



チップはその国によって支払う場面や相場などに若干の違いがありますので、旅行に出発する前に渡航先のチップの習慣についてインターネットなどで調べておきましょう。


海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド