スーツケース考察|海外旅行準備

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > スーツケース考察

スーツケース考察

海外旅行に行くときに持っていく旅行カバンには、スーツケースをはじめ、キャリーバック(ソフトキャリーケース・キャスター付バック)、リュックタイプやショルダータイプのカバンなど色々種類がありますが、ある程度長期の旅行の場合はやはりスーツケースを使用することが多いと思われます。
一口にスーツケースと言っても、大きさや素材など様々。
私はスーツケースに関して特に詳しいわけではないので、ここではスーツケースを選択する基準として、二輪タイプのものがいいか、四輪タイプのものがいいかについて、考察してみます。

大きいものは四輪タイプ

結論から言えば、短期旅行に適した小さめのスーツケースは二輪タイプのもの、長期旅行用の大きなスーツケースは四輪タイプのものがいいと思います。
まあ、背が高く力の強い男性ならばどんな大きさでも二輪タイプで大丈夫かも知れません。
理由は

  1. 二輪タイプは、ハンドルを伸ばして引っ張りながら転がすのが基本ですが、スーツケースが大きくて重いと腕に結構負担がかかります。四輪タイプならハンドルで引っ張るほかに、そのまま押して転がすことも可能です。
  2. 二輪タイプは、転がす場合にスーツケースを傾けて引っ張るので、小回りがきかず空港や駅など人ごみや狭所で邪魔になりやすいです。特に大きいスーツケースは幅もあるので、立てたまま縦方向にころがせて小回りがきく四輪の方が適しています。
  3. 長期旅行の場合、一日中スーツケースを転がして歩くというケースはあまりないと思われます。スーツケースを持って街中を歩く場合は、車輪が大きめの二輪タイプの方が適していますが、乗り物移動中心の場合は、小回りがきく四輪タイプがいいでしょう。

四輪タイプでも車輪が小さめなものが多く、そういうものは車輪部分が壊れやすい、電車の中などで立てておくと滑って動いてしまうなどの欠点もあります。
しかし、総合的に勘案すれば、少なくとも大きいスーツケースは四輪タイプが優れていると考えます。

★おすすめスーツケース♪

インナーフラット鏡面仕上げタイプ【大型7〜14日用】
みんなが探していたスーツケースがここにある!
しかも全国各地送料無料!!

Fkikakuが満を持して新しく開発したスーツケースは今年大流行のフレームをなくしたスーツケース!
フレームのかわりにファスナーを採用する事で驚くほどの軽量化の実現が可能になりました。
更にダブルファスナーを採用しているので、ついつい荷物が多くなったときは6センチのマチUpが可能となります。

表面は大人気のミラー仕上げとなっており、内側はすべて凹凸がない平坦な構造のインナーフラットタイプ。
つまりファッション性と機能性を両立してます。

4輪360度回転の大型専用キャスターを使用しているので、安定性、スムーズ性があり、快適な旅のお供になってくれます♪

プレゼントには、今では必需品のダイヤル錠付ベルト+キーホルダー
+純正防水タイプのキズ防止保護カバー。
これだけ揃えばもう大丈夫!!

大型: 7,480円(税・送料込み)
中型: 6,480円(税・送料込み)
小型: 5,480円(税・送料込み)


インナーフラット鏡面仕上げタイプ【中型4〜7日用】

インナーフラット鏡面仕上げタイプ【小型2〜4日用】

★他のスーツケース・ブランドスーツケースを探すなら

EMINENT TSAロックキャリー【Griptone.com Yahoo!ショッピング】
 アメリカ方面の旅行でも施錠したまま空港で預けられる、アメリカ運輸保安局認定TSAロック採用のスーツケースです。

rimowa リモワ スーツケース【Yahoo! ショッピング】
 RIMOWA(リモワ)のスーツケースをYahoo!ショッピングから。SALSA(サルサ)が一番人気です!

サムソナイト スーツケース【Yahoo! ショッピング】
 人気のサムソナイトのスーツケースをYahoo!ショッピングから。

旅行用品専門店 地歩工房
 “地球の歩き方”直営ショップ。旅行専門家が選んだクールで機能的なスーツケースが多数!


▲ページの先頭へ戻る

海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド