海外旅行中の健康管理|海外旅行の遊々旅行

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > 海外旅行中の健康管理
海外旅行中は、気候風土や食べ物の違いや疲労などから体調を崩しやすいものです。
ここでは、海外旅行に持参した方がいい医薬品や、旅行中の健康管理のために留意した方がいい情報等をお伝えします。

海外旅行に持っていく医薬品など
ロングフライト血栓症について

海外旅行に持っていく医薬品など

【海外旅行には健康トラブルの危険性がいっぱい】
海外旅行では食事や環境の変化、緊張や疲労、ストレスなどにより、風邪、発熱、食あたり、下痢、さらに熱中症や高山病など、様々な体の不調が起こりやすくなります。
また、転倒などによるケガや、熱帯・亜熱帯地方を中心に、日本国内では見られなくなった感染症も存在しています。
さらに、室内のクーラーの効きすぎにより風邪を引くなど体調を崩すことも多いです。

【海外旅行に行く前に健康準備を怠らずに】
旅行先の風土や地形、安全情報についての正しい情報を得て、万全の対策をしましょう。
海外旅行に出発する前には、海外旅行傷害保険に必ず加入し、東南アジアや中米、アフリカなど行き先によっては、感染症予防のための予防接種(トラベルワクチン)を受けましょう。
海外旅行の安全・感染症情報等を提供しているサイトもご参照下さい。

【海外旅行に持って行く医薬品など】
海外では、必要なときに薬が買えなかったり、現地の薬は成分量の違いなどから使用に不安を感じることも多いです。
とくに内服薬の場合は、人それぞれに相性もありますから、自分が普段使い慣れた薬を用意して持参するようにしましょう。
持って行く薬の基本セットは次の通りです。
かぜ薬 海外では、気候の変化や過労などで風邪を引くことが多いので。
痛み止め(鎮痛剤) 頭痛・発熱・歯痛・生理痛の対策に。
整腸剤 外国ではお腹の調子が悪くなることが多い。予防的に飲んでも可。
ステロイド軟膏 虫刺され・日焼け・かぶれなど皮膚のトラブルに対応。
スポーツドリンク(粉末) 下痢や発熱時の水分とミネラル分の補給に。
絆創膏(ばんそうこう) 軽い切り傷・擦り傷、靴擦れなどに。

薬類は機内で必要になる場合もありますので、空港で預けるスーツケースには入れず、手荷物に入れて持ち歩くようにしましょう。
尚、持病の治療のため持参する薬が多い人は、英文の薬剤リストを用意すること。
旅行先で薬を調達するときに役立つだけでなく、税関でのトラブルを防ぐこともできます。
また、持病によっては英文の診断書も用意しましょう。
これらは主治医か日本旅行医学会に依頼すると作成してもらえます。

【他に追加したほうがいい薬について】
旅行先の気候風土や医療事情、旅の目的・レジャー、子連れかなどによって、必要になるかもしれない薬を準備しましょう。
便秘薬 旅先で緊張しやすい人や、慣れない食事が多い場合に必要かも。
消化剤 消化の悪い食事や、脂っこい食事が続くときに。
下痢止め 下痢止めは、すぐには飲まないで、水分・ミネラル分を補給しながら様子をみましょう。
酔い止め薬 船旅や乗り物の多い旅に。子供連れの場合は子供用のものも用意。
点眼薬 日差しが強いところや、機内・車中での目の乾燥や目の疲れに。
虫除けスプレー 熱帯地方や海など肌を露出する場所や、ハイキングやトレッキングにも。
かゆみ止め 虫除けスプレーと同じ理由で。
消毒薬 虫刺されや、傷を負ったときに。
日焼け止め 南国リゾート地など紫外線の強い地域で。
保湿クリーム 乾燥した地域や機内などで。リップクリームも同様。
湿布薬 長時間歩いたり、登山、スポーツなどをした後の筋肉痛や足の疲れに。無臭タイプのものを。
携帯酸素 高地へ行く人や登山などが目的の場合。高山病予防薬も持参しましょう。
うがい薬 乾燥した地域などで。風邪の予防や悪化防止にも役立ちます。
マスク 乾燥した地域や空気の悪い埃っぽい場所を歩くときに。
冷却シート 急な発熱や、熱中症の予防、打撲したときの患部の冷却にも便利です。
体温計 小さな子供は、環境の変化や疲れからすぐに体調を崩したり発熱します。体温計があれば、旅行中の健康管理にも便利です。
子供用の薬 子供連れの場合は、酔い止め以外にも風邪薬、解熱剤、整腸剤、下痢止め等も、大人用とは別に用意する必要があります。
サプリメント 旅行中の食事は、口に合わないものが多かったり偏ったりしがちです。そんな場合の栄養補給や体調管理のためにサプリメントを使うのも手。おすすめはマルチビタミン・ミネラルやビタミンC、B群。サプリメント情報サイト

必要な薬を持参し忘れたり、持参した薬が足りなくなったりしても、たいていの場合現地で購入することが可能です。
購入の際は、薬の商品名ではなく、成分を見て購入する必要があります。
成分は薬の外箱か説明書で確認することが可能です。
自分で判断できない場合は、薬剤師に症状を伝えれば適切な薬を選んでくれますが、できれば出発前に日本で薬剤(成分名)のリスト(できれば英文)を作成し持参しておくといいでしょう。
注意したいのは、外国では同じ種類の薬でも日本より成分が強い場合が多いので、ガイドや添乗員に確認するなど、服用量には十分注意しましょう。

【PR】海外旅行だけでなく、海外への長期出張や留学の際にもおすすめします。
楽しい旅行のための健康セルフチェック」は、自宅で手軽に自分で採血をして、楽しく旅をするための体調をチェックできる検査セットです。検査終了後、すぐに検査結果がメールで届きます。
検査結果は、血液検査結果、問診、既往歴、常備薬などを英訳で受け取れます。
これらのデータを添付できる健康パスポートがついてきますので、外国においてその情報を医療機関に見せることにより、スムーズな診療が可能になります。
健康パスポートには「おなかがシクシク痛む」、「差し込むような痛み」など、症状に関する細かな言い回し(英語表記)もの載っていますので、いざというときに安心です。
楽しい旅行のための健康セルフチェックの詳細はこちら

ロングフライト血栓症について

近年話題のロングフライト血栓症は、少し前まではエコノミー症候群と言われていました。
ロングフライト血栓症とは、長時間の座位と飛行機内の乾燥が原因で、ふくらはぎに血栓(血の固まり)が発生する病気で、その血栓が血流に乗って肺動脈で詰まると、呼吸困難や失神、最悪の場合死に至ることもあります。
ロングフライト血栓症を予防するためには、ときどき足を動かす運動をし、水分をこまめにとることです(コーヒーやビールなど利尿作用があるものは不可)。
ロングフライト血栓症についてさらに知るにはこちらをご覧下さい。

▲ページの先頭へ戻る

海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド