海外旅行障害保険のすすめ|海外旅行の遊々旅行

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > 海外旅行障害保険のすすめ
旅行に行く前に必ず海外旅行障害保険に入りましょう
安心で快適な旅をするために、海外旅行傷害保険に加入するのは今や常識です。
いくら万全の注意を払っても、海外旅行中に事故にあったり病気にかかったりする可能性は、むしろ日本にいるときよりも高いと言えます。
また、携行品の盗難にあったり、破損することも少なくありません。
海外旅行傷害保険に加入していなかったために、多額の損害を被った旅行者は大勢います。ぜひ、出発前に加入しておきましょう。
海外旅行障害保険のメリット
海外旅行障害保険でカバーできないもの
海外旅行障害保険の加入方法

海外旅行障害保険のメリット
海外旅行障害保険は、保険会社やプランによって若干の違いはありますが、大体以下のような補償が受けられます。
【ケガ】
ケガをした場合、現地の病院で治療を受けた際に治療費(傷害治療費用)が補償されます。
【病気】
もし病気になった場合、病院での治療費(疾病治療費用)が補償されます。
【入院の一時金】
ケガや病気で2日以上入院した場合に、お見舞金として一時金が支払われます。 ※傷害治療費用、疾病治療費用の支払対象となる場合に限ります
【ケガや病気による死亡や後遺障害】
ケガが原因で死亡(傷害死亡)、または後遺障害が残ってしまった場合に、また、 病気が原因で死亡(疾病死亡)した場合に保険金が支払われます。
【物を壊した・損害を与えた(賠償責任)】
誤って他人にケガをさせたり、 他人の物品に損害を与えてしまい、法律上の損害賠償責任を負ったときに保険金が支払われます。
【救援者費用】
旅行中に遭難したとき、捜索活動に要する費用が支払われます。また、ケガ、病気により現地で長期入院した場合、親族が日本から現地に赴くための航空運賃などが支払われます。
【携行品の盗難や破損】
持ち物がスリ、ひったくりなどの盗難にあったとき、また破損などの損害が生じた場合、損害額が補償されます。ただし全額補償されるわけではありません。
【航空機遅延】
航空会社などの都合により飛行機が遅れたり欠航したりした場合、宿泊代・食事代等(航空機遅延費用)が支払われることがあります。
▲ページの先頭へ戻る

海外旅行障害保険でカバーできないもの
海外旅行傷害保険に加入してしていても、下記のようなケースでは一般的に適用されません。
【危険なスポーツ】
器具を使う登山やロッククライミング、スカイダイビング、ハンググライダーなどによるケガや死亡、後遺障害は一般の保険の適用外です。
しかし、保険会社によっては特約を付けられることもあります。
スキーやスノボ、スキューバダイビング、パラセイリング、ジェットスキーは一般の保険で補償されます。
【レンタカーによる事故】
一般の保険では補償されませんが、特約を付けることができます。
【現金・クレジットカード等】
携行品の補償では、現金・クレジットカードや置忘れなど自分の責任によるものは補償されません。
【歯の治療】
現地で虫歯の治療を受けても保険金は支払われません。
▲ページの先頭へ戻る

海外旅行傷害保険の加入方法
海外旅行傷害保険に加入するには、主に4つの方法があります。
1.旅行申し込み時
2.空港で
3.インターネットで
4.クレジットカード付帯
この中でオススメするのが、インターネットでの契約クレジットカード付帯の利用です。

【インターネット契約でのメリット】
1.手続が簡単、しかも割引特典なども多い
画面に必要事項を記入していくだけなので、申込書いらずで簡単。
支払いはクレジットカードなので、銀行振込手続や振込手数料がかかりません。
24時間申し込みが可能です。
店頭での申し込みよりも、インターネットのオンライン申し込みだと割安なプランが豊富です。
2.出発当日でも契約可能
出発間際や出発当日でもインターネットならお申し込みできます。
保険証は間に合いませんが、申し込み画面をプリントアウトして持参すれば大丈夫。

おすすめ海外旅行傷害保険販売サイト
損保ジャパン

アクティブ保険センター

【海外旅行障害保険自動付帯クレジットカードのメリット】
クレジットカードによっては、海外旅行傷害保険が自動的に付帯されています。
個別に海外旅行保険に加入するよりも補償金額は低めですが(特に治療費用と救援費用)、その都度保険金を負担する必要がないし、短期の旅行や治安のいい都市部やリゾート地への旅行なら十分と言えます。
ただし、クレジットカードによっては海外旅行保険が付帯されていないものもありますし、付帯されているものでもカードの種類によって補償内容が異なり、また旅行代金などをそのカードで支払った場合のみ適用されるものもありますので、しっかり補償内容・条件を確認する必要があります。

海外旅行傷害保険付帯クレジットカード申し込みサイト

ライフカード(旅行傷害保険付)
一番おすすめ。今なら初年度年会費無料!
※海外旅行傷害保険(最高2,000万円)、国内旅行傷害保険(最高1,000万円 国内での「主催旅行」「各種交通機関の乗車券・搭乗券」「宿泊施設」の代金をカードで事前購入された場合に限り付帯)、シートベルト保険(200万円)、カード会員保障制度あり

DCカードJizile〔ジザイル〕

ノースウエスト/シティ ワールドパークス VISAカード

海外旅行には便利なNICOSカード

※クレジットカードの種類によっては、海外旅行障害保険が付帯しないものもありますので、各サイトの内容をよくご確認下さい。

海外旅行傷害保険が付帯する
年会費無料のクレジットカード
オリコカード(UPty)

シティ クリアカード


▲ページの先頭へ戻る
入会金・年会費初年度無料※で海外旅行障害保険が自動付帯されるクレジットカード
オリコカード(UPty)

オリコカード(UPty)は、入会金・年会費が初年度無料で、しかも海外旅行障害保険が自動的に付帯されます。
海外旅行保険は空港の窓口などで申し込もうとすると結構お金がかかりますよね。でもオリコカード(UPty)を持っていれば、
カードで旅行代金を支払わなくても、自動的に海外旅行傷害保険が付いてきます。最近特に増えているデジカメやビデオカメラなどデジタル機器の破損にも適用されますから安心。

【保証の種類・最高補償額】
死亡・後遺傷害保障   2,000万円
傷害・疾病治療費用保障 200万円
賠償責任保障    2,000万円
救援者費用保障    200万円
携行品損害保障※    20万円
※一個・一組につきましては10万円まで。なお、『紛失』の場合は適用されませんので、注意が必要です。

なお、オリコカード(UPty)のお支払い方法はリボ払いになります。

※次年度以降 年会費1,312円(税込)。年1回のショッピングご利用で次年度無料!
詳しくは ↓↓↓↓↓


海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド