飛行機の注意点|海外旅行に行く

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > 飛行機の注意点
飛行機の注意点
手荷物を航空会社に預ける
空港へ着いたら航空会社のカウンターで荷物を預けます。
機内に預けられる荷物には個数や重量の制限があります。
  アメリカ・グアム・サイパン方面 ヨーロッパ・アジア・オセアニア方面
機内預け荷物
【エグゼクティブクラス以上】
2個まで。各荷物の縦・横・高さの合計が158cm以内で、荷物1個の重量が32kg以内なら無料。
【エコノミークラス】
2個まで。2個分の縦・横・高さの合計が273cm以内なら無料。
個数の制限は無し。荷物の総重量がエコノミークラスは20kg以内、ビジネスクラスは30kg以内、ファーストクラスは40kg以内なら無料。
機内持込手荷物
機内に持ち込める手荷物は1個。縦・横・高さの合計が115cm以内で重量が10kg以内なら無料。ただし、傘やステッキ、コートなどは重量制限と関係なく持ち込み可。

2人以上で旅行に行く場合は、手荷物はまとめて計量してもらいましょう。
無料手荷物の制限量は、人数分の合計で算出してもいいからです。
各自の手荷物の大きさや重量にはバラツキがあるので、まとめて計量するほうが制限オーバーしないか、全体として追加料金が少ないことが多いのです。


【アメリカ運輸保安局認可】TSAコンビネーションロック アメリカへの必需品。これがあれば安心!

アメリカ同時多発テロ以来、爆発物検査の為にTSA(アメリカ運輸保安局)によりアメリカ国内全ての空港で荷物の検査をしています。
その際、荷物は開錠して預けなければなりません。
もし施錠したまま荷物を預けた場合は、検査のためロックを切断・破壊されてしまいます。
しかし、このTSA認可ロックを使用している荷物は、各空港に配属されたTSA職員が特殊ツールを使用してロックを開錠して検査をします。そして検査後は再び施錠して戻してくれます。
つまり、このTSA認可のコンビネーションロックを使用していれば、施錠をしたまま荷物を預けられるのです。最近はイギリスでのテロ未遂事件もあり、ヨーロッパでも荷物検査がますます厳しくなり、TSAロックシステムの使用地域が広がっていくと予想されますので、TSAロックは海外旅行の必需品となりそうです。
【アメリカ運輸保安局認可】TSAコンビネーションロック  特価1,100円(税込)

また、このTSAロックをはじめから搭載しているスーツケースを持っていればさらに便利です。
こちらの「EMINENT TSAロックキャリー」は、デザインもよくおすすめです。
サイズは2(69.5cm 85l ・ 75cm 95l)、色はブラック・オレンジ・シルバー・ホワイトの4種です。
EMINENT TSAロックキャリー
 

どの座席に座るか
エコノミークラスは、座席の確保は基本的に早いもの順ですので、希望の席がある場合はなるべく早くチェックインするようにします。
席を選ぶ基準は、窓側・通路側・前方・後方・真ん中あたりなど。
景色を楽しみたい人は窓側を、トイレに頻繁に行く人は通路側を選ぶとよいでしょう。
前方はエンジンから遠いので比較的静か、後方は通路を通る人が少ない、真ん中の翼付近は揺れが少ないという特徴があります。
意外な穴場はフライトアテンダントの席の正面の座席。前に空間があるので、足を真っ直ぐ伸ばせます。
スクリーンの手前の席は、小さな子供がいる人に優先されることが多いです。
機内が空いている場合は、離陸してシートベルト着用のサインが消えたら、空いてる座席に移動しても構いません。
機内では、靴を脱いで携帯スリッパ等に履き替え、リラックスして過ごしましょう。
ただし、ずっと座ったままでいると、ロングフライト血栓症(エコノミー症候群)の危険がありますので、時々体を動かして水分を補給するようにしましょう(⇒ ロングフライト血栓症についてはこちら)。また、飛行機内は空調が効いていてとても乾燥しているので、保湿化粧水やリップクリームなどのスキンケア用品は手荷物に入れて機内に持ち込んでおきましょう。



海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド