お金(外貨)を用意する|海外旅行の準備

 海外旅行・ツアー 遊々旅行
TOP > お金(外貨)を用意する
お金(外貨)を用意する
海外でのお金の支払い方法は、現金(現地通貨)・クレジットカード支払い・トラベラーズ・チェックの3通りあります。以下、それぞれの特徴や長所などを説明します。

トラベラーズ・チェック(T/C)
トラベラーズ・チェックとは、渡航先で現金として使える旅行者用小切手のことです。
現金と違い、盗難にあったり紛失したりしても、再発行が受けられるので安全です。
トラベラーズ・チェックは、ドルなどの外貨と同様に、外国為替取り扱い銀行で購入できます。
購入したら、その場でホルダー・サイン欄に一枚残らずサインをします。
そして、現地でトラベラーズ・チェックを使用するときに、その場でカウンター・サイン欄に同じサインをします。
そうすることで小切手の効力が発生し、支払いが可能になるのです。
なお、支払いの際にパスポート(旅券)の提示を求められることがあるので、パスポートと同じサインをするのが無難です。
トラベラーズ・チェックは、旅行の際に購入時に受け取った控えを持参するとともに、面倒ですが現地で使用するたびに番号と金額、使用した店の名前などをメモしておきましょう。
そうしておけば、紛失や盗難など万が一の場合に、再発行の手続きがスムーズにいきます。

現地通貨(現金)への両替
現金は日本国内では、外国為替取り扱い銀行でドルなどの外貨に両替することができますが、現地の空港などで両替したほうが両替率が安いことが多くその方をおすすめします。
ただ、円の両替が難しい通貨の国に行く場合は、あらかじめ国際的な通用度が高いドルに円を両替しておいて、現地ではドルを現地通貨に換えてもらうようにします。
日本で外貨を購入する場合は、前もって為替レートの動きを観察し、円高のタイミングを狙って両替するといいでしょう。
なお、Citi Bankワールドキャッシュカードを持っていると、世界中のCiti Bankの支店やATMから現地通貨でお金を引き出すことができるので便利です。

便利なクレジットカード
海外では日本以上にカード社会が発達している国が多く、ホテル、レストラン、土産物屋、ブティックなど、いたるところでカードが使えます。
現金よりも安全で身分証明書にもなるクレジットカードは、海外旅行に行くときは必ず用意したいものです。
海外で使用できるクレジットカードは、VISAJCBMaster Cardダイナースクラブアメリカンエキスプレスなどがあります。
一種類だけだとお店によっては使えない場合があり、またショッピングが目的では利用限度額を超えてしまうこともあるので、できれば複数のカードを用意するといいでしょう。
なお、海外でカードを使用することを考えると、サインは漢字にしておいたほうが、スキミングによる被害などをできるだけ防ぐためにもいいと思います。

団体旅行ではクレジットカードと小額の現金があれば十分
パックツアーなどの団体旅行では、集団行動が多いので買い物以外で現地でお金を使う機会は多くありません。
ですので、お土産などのショッピングにはクレジットカードを使い、タクシーなどの交通費やチップ、喫茶、軽食(きちんとしたレストランではカードが使えます)などのために現地通貨を小額用意しておけばいいでしょう。
小額の現金であれば、わざわざ現地の銀行に行って両替をしなくても手に入れることができます。
クレジットカードを使用する際に、価格よりも多めにカードを切ってもらい(例えば、80ドルの買い物をしたときに100ドルでカードを切ってもらう)、差額(おつり)を現金で受け取るという方法です(キャッシュバックといいます)。



海外旅行情報・テーマ別おすすめツアー・遊々旅行(ゆうゆうトラベル)はリンクフリーです。
リンク集 免責事項  メール
Copyright(C)2006-2010 遊々旅行  All right reserved.
【PR】 格安韓国旅行ガイド
【PR】 新宿韓国料理店ガイド